ブランド服には種類がございます。

まず知っておいてもらいたいのは、ブランド服にはいろんなタイプがあるということです。

これらを分かりやすいようにざっくり3つに区別してみました。

基準はブランド料が主にどこに掛かっているかということ。ブランド料って何?? 便宜上言いきってしまうならば、例えば普通のノーブランドの服が3000円で、ブランドの服が20000円だったら、20000円−3000円=17000円がブランド料です。

で、区別してみたのがこちら。

①主にイメージ料が掛かっているもの(例:エルメス・アルマーニ等のスーパーブランド)

②主にデザイン料が掛かっているもの(コムデギャルソン等)

③主に材料費、品質管理費がかかっているものです。(ロロピアーナ・クルチアーニ等)

当店が最も拘るのは、③7割+②3割を基準にしております。これに+して、価格に合った仕立の良さも判断基準に加えます

 

当店が、歴史ある国内メーカーのブランドに拘るのは「質が良いから」です。そして安全な品質管理・試験を怠らずコストをかけ上質な素材を仕入れるルートを持っていたり、それを美しく仕立てるノウハウや環境を持っていたりする。

そういったブランドの製品が高い最も大きな理由は、「良い物を作るためにお金が掛かるから」。そして次に大きな理由は「品質を維持するために先にお金をとっておかなければならない」からです。

良いウールは高いし、美しい生地を作るには手間がかかる。また高い品質を維持するためには、リスクに備えてお金を貯えておかなければならない。1000万円分生地を作っても出来が良くなければそれは売れない。そういう場合にも「品質の低いものを売らなくて済む」ように、予めやや高い金額を取っておく必要があります。

これがブランド料=材料費、品質管理費の場合です。

それて各ブランドにしかない独特の「お洒落さ」や「可愛さ」、流れるようなシルエット低価格商品では真似の出来ない控え目なのに圧倒的な存在感を感じれるデザイン。

これらはブランド料=デザイン料となっています。

①は、特に重要視しておりません。品質や縫製の御説明をさせて頂けばブランド名に拘らなくても安心してお買い求め頂けるからです。個人店舗ですので信用が一番ですから!

また、シーズン初期の展示会にて発表された商品のみ厳選いたしております。時間をかけ企画生産された商品には、短期間で作る商品と素材や縫製に明確な品質差が生じる事が多いので結果お買い求めいただいたお客様が損をするリスクを回避するためにも初期の展示会商品のみ買い付けております。